兼房の歩み

明治29年 神谷観吉(渡邉鈴雄の実父)名古屋市中川区西日置町にて鍛冶業を創業
昭和6年 渡邉鈴雄、事業を継承
昭和12年 名古屋市熱田区西町にて兼房刃物工業有限会社を設立
昭和22年 東京出張所(現関東支社)を開設
昭和23年 名古屋市熱田区六番三丁目に工場新設と共に、兼房刃物工業株式会社に改組
昭和24年 大阪出張所(現関西支社)を開設
昭和34年 伊勢湾台風罹災。日本の機械刃物メーカーで初めて高周波熱処理装置を完成
昭和36年 名古屋市熱田区西郊通に木工用丸カッター専門工場を完成
昭和38年 愛知県丹羽郡大口町に用地を取得、大口工場の建設に着手
昭和39年 大口工場第一期工事完成、丸カッター部門操業を開始
昭和40年 大口工場第二期工事完成、本社工場移転
昭和43年 兼房刃物販売株式会社を設立。営業部門の業務を分離して引継ぐ
昭和44年 輸出貢献企業として表彰を受く(46年に再度受彰)
昭和46年 渡邉鈴雄、日本機械鋸・刃物協会(現日本機械鋸・刃物工業会)理事長に就任
昭和47年 大口工場にチップソー工場を建設し、量産体制を確立
昭和48年 大口工場本館を完成
昭和51年 工業標準化実施優良工場として名古屋通産局長賞を受ける
昭和54年 全国支社、営業所にコンピューター端末機を設置、トータルシステムが完成
昭和56年 渡邉浩社長就任
ダイヤモンド刃物を本格生産開始
昭和57年 大口工場にコールドソー工場を建設、金属冷間切断分野に本格進出を計る
昭和58年 スローアウェイ方式刃物を「エース」の商品名で販売開始
昭和59年 中国(済南、天津、ハルピン)での展示会に参加、市場開拓を計る
米国、欧州への積極的な営業活動を行う
コールドソー工場を増設、同時にドイツの新鋭機を導入
業界初の売上100億円突破を成す
超精密機械工具、部品の分野に進出
昭和60年 本社機構大口工場へ移す
昭和61年 高精度製品の専門工場を建設、ダイヤモンド刃物、カッターブロック、エース製品等の需要増に対応し、量産体制を整える
資本金を兼房刃物工業1億5,000万円、販売会社1億円とする
インドネシア/ジャカルタに合弁企業「PT.カネフサ インドネシア」を設立
平成2年 工業、販売合併。社名を兼房株式会社に変更
資本金2億8,000万円とする
チップソー新工場第二期工事完了
平成3年 資本金4億円とする
平成4年 資本金10億2,500万円とする
平成7年 名古屋証券取引所第二部へ上場
資本金21億4,250万円とする
日本機械鋸・刃物工業会理事長に弊社渡邉浩社長が就任
平成8年 PT.カネフサインドネシア新工場竣工
テクニカルセンター完成
平成10年 欧州駐在員事務所をオランダに設置
平成11年 米国に子会社「カネフサUSA,INC.」設立
ISO9001認証取得(本社・工場)
平成12年 渡邉浩会長就任、渡邉將人社長就任
平成13年 オランダ子会社「カネフサヨーロッパB.V.」設立
平成14年 中国に生産子会社「昆山兼房高科技刀具有限公司」設立
平成15年 ISO14001認証取得(本社・工場)
中国に再研磨サービスセンター「昆山兼房精密刀具有限公司」設立
平成16年 昆山兼房高科技刀具有限公司ISO9001認証取得
PT.カネフサインドネシアISO9001認証取得
平成17年 昆山兼房高科技刀具有限公司ISO14001認証取得
平成18年 東京証券取引所第二部へ上場
昆山兼房精密刀具有限公司が中国での販売権取得
平成21年 インドに販売子会社「カネフサインディア Pvt.Ltd.」設立
平成22年 ブラジルに販売子会社「カネフサ ド ブラジル LTDA.」設立
平成23年 昆山兼房高科技刀具が、昆山兼房精密刀具有限公司を吸収合併
平成24年 「カネフサUSA,INC.」の新社屋竣工
徳島出張所を高松市へ移転、高松営業所へ改称
平成25年

日本機械・刃物工業会理事長に弊社渡邉將人社長が就任

メキシコに子会社「カネフサメキシコ S.A. DE C.V.」設立

平成27年

コミュニケーションセンター新設

平成28年

ベトナムに販売子会社「カネフサベトナムCO., LTD.」設立