ダイヤリーマ・ドリル

非鉄金属材料、主にアルミ合金でドリル加工した穴の仕上げ加工用に使用され、高い寸法精度、滑らかな面粗度の仕上げ面を得ることができます。

ダイヤは、超硬合金材種よりも、高温特性が優れ、高速加工でも長寿命が達成できます。

用途 穴仕上げ加工
適応機械
適応材料 アルミ等非鉄金属
材質 ダイヤ

ダイヤリーマ・ドリル ラインナップ

reamer lineup1.jpg

== 

小径ダイヤリーマ

ダイヤロー付品の最小径となるφ3のダイヤリーマです。小型部品を加工する際、切削条件及び工具寿命の向上に大きく寄与します。

reamer lineup2.jpg

オイルホール付ヘリカルダイヤドリル

ヘリカル配列によって切削抵抗を低減し、切屑の排出を改善しました。

reamer lineup3.jpg

多刃ヘリカルダイヤエンドミル

多刃のヘリカル配列によって高速送り加工を実現しました。

reamer lineup4.jpg

 

成型ダイヤリーマ

成型カッターとリーマ(ドリル)を一体化することで工程短縮を実現します。

reamer lineup5.jpg

多段総型ダイヤリーマ

各刃先部で適正な放電刃付け条件を選択することでコストダウンが可能となります。

reamer lineup6.jpg

高真円度・高面粗度ダイヤリーマ

奇数刃の採用により高真円度を、段付き形状で高面粗度を実現し、高品質な穴加工を実現します。

reamer lineup7.jpg

高真円度多刃ダイヤリーマ

低コストで高品質な穴加工を実現します。

reamer lineup8.jpg

長尺ダイヤリーマ

適正なオイルホールやガイド、段付形状により高品質な深穴加工を実現します。