タイリング工具

名城大学 宇佐美初彦先生と共同開発。                          ディンプルが摩耗粉の補足と油溜り機能の効果を発揮します。その結果、しゅう動面の摩擦低減と摩耗抑制を促すため動力の低減や部品の安定化と寿命向上を図ることができます。
社内のマシニングセンターで加工方法や条件の選定を支援します。また、受託加工にも対応致します。

用途 ディンプル加工
適応機械 マシニングセンター 他
適応材料 アルミ合金、鋳物、鋳鉄

代表寸法

加工長:最長1500mmまで対応
製作寸法:各種仕様製作可能・要相談


切削加工によるディンプル創成の特徴

特殊形状エンドミルの断続切削により,マイクロディンプルから構成されるテクスチャを付与。

  •  1.任意形状に適用可能(自由曲面,円筒の内外周)
  •  2.高速加工が可能
      1分間に3,000~12,000個のディンプル(平面加工で多刃タイプが適用できる場合10倍の高速可能)
     3.バリや変形,残留応力が極めて少ない
     4.焼入材(SUJ2)や樹脂材料にも適用可能 
  • tyling3.jpg

    【テスト結果】

    ・試験方法 ・ストライベック曲線

    tyling testのコピー.jpgのサムネイル画像

この製品に関する関連資料はこちらから