多刃ダイヤフェースミル (カッタータイプ)

ダイヤチップを超狭ピッチに配列した多刃仕様によりアルミ部品の高能率な正面フライス加工を実現します。

  1. 刃先フレ調整不要のロー付再研磨タイプ
  2. 高精度レーザー刃付けによる高品位切削
  3. 多刃仕様とハイレーキ設計により、バリを抑制
  4. 低切削抵抗刃型の採用による高速安定加工
  5. 内部給油に対応し、切屑排出性を向上
  6. 台金の高剛性仕様により、断続加工でも高品位
用途 平面の仕上げ加工
適応機械
適応材料 アルミ等非鉄金属
材質 ダイヤ

代表寸法

cuttertypezumen.jpg

型番刃数刃径
(D)
インロー径
(d)
刃長
(A)
全長
(L)
重量
(kg)
SFP50-22-C16 16 50 22 7 50 0.6
SFP50-22-C12G 12 50 22 7 50 0.6
SFP63-22-C16 16 63 22 7 50 1.0
SFP63-22-C12G 12 63 22 7 50 1.0
SFP80-25.4-C20 20 80 25.4 7 50 1.5
SFP80-25.4-C16G 16 80 25.4 7 50 1.5
SFP100-31.75-C24 24 100 31.75 7 50 2.0
SFP100-31.75-C20G 20 100 31.75 7 50 2.0
SFP125-38.1-C32 32 125 38.1 7 60 3.3
SFP125-38.1-C24G 24 125 38.1 7 60 3.3

注)型式末尾記号G:高剛性仕様


切屑排出性向上

独自のセンターキャップ構造により、センタースルーの刃先クーラントに対応

特許取得済

フェースミルクーラント.jpg

facemill coolant bright.jpg

この製品に関するソリューション・事例はこちらから