ソリューション・事例

鉄鋼・アルミ加工

アルミ部品の平面フライス加工時間を大幅短縮「多刃ダイヤフェースミル」

製品名 多刃ダイヤフェースミル
用途 アルミ部品の平面仕上加工

最大刃数へ挑戦し高速送りを可能にしました!

「多刃ダイヤフェースミル」はダイヤチップを超狭ピッチで配列した多刃仕様により、アルミ部品の正面フライス加工にかかる時間を大幅に削減いたします。

・多刃仕様により高速、高能率加工が可能
・高精度刃付による高品位切削
・ロー付け再研磨タイプ
・独自のセンターキャップ構造により、センタースルーの刃先クーラントに対応

従来比1.5~2倍のスピードを実現します。

従来刃具条件
 F=5760mm/min  (S=6000rpm,fz=0.06mm/t)


多刃フェースミル高速条件
 F=9600mm/min  (S=10000rpm,fz=0.06mm/t)

「多刃ダイヤフェースミル」の加工事例

加工部品 ギヤケース(アルミ合金)
工具仕様 φ80 20P
切削条件 S=9,500rpm F=7m/min

【効果】
加工時間が半減し、ネック工程が解消されました。

*********************

加工部品 タイミングチェーンカバー(アルミ合金)
工具仕様 φ50 16P
切削条件 S=10,000rpm fz=0.06mm/t(F=9.6m/min) ap=1.0mm

【効果】
面粗度 Ra1.0μm以内、切削長6000m(継続使用可能)を実現しました。