ソリューション・事例

鉄鋼・アルミ加工

多刃ダイヤフェースミルに大径フライス加工に対応したカッタータイプが登場!! NEW

製品名 多刃ダイヤフェースミル カッタータイプ
用途 アルミ部品の平面仕上加工

最大刃数へ挑戦し高速送りを可能にしました!

「多刃ダイヤフェースミル」はダイヤチップを超狭ピッチで配列した多刃仕様により、高速加工を実現。アルミ部品のフライス加工にかかる時間を大幅に削減いたします。

・多刃仕様により高速、高能率加工が可能
・高精度刃付による高品位切削
・ロー付け再研磨タイプ
・独自のセンターキャップ構造により、センタースルーの刃先クーラントに対応

製品ラインナップ

フェースミルアーバー規格に準拠。刃径φ63~φ125まで対応します。
代表寸法(一部抜粋)
穴径 × 刃径 × 全長 × 刃長 × 刃数 (mm)
φ22 × φ63 × 55 × 7 × 16P
φ25.4 × φ80 × 62 × 7 × 20P

加工事例

加工部品 ミッションケース
工具仕様 φ80 20P
切削条件 S=10000rpm fz=0.06mm/t (F=12m/min)
【結果】
従来比1.7倍の高速化。加工時間を短縮しました。