採用情報



「切る」という価値で"世界中のモノづくり"に貢献

何かモノをつくるとき、材料を「切る」ことで加工が始まります。
マザーマシーン(機械を生み出す機械)でさえ、加工する刃物がなければ何も生みだすことはできません。
活躍の舞台は、世界中の「切る」シーン。世界No.1を目指して、世界8ヶ国に拠点を持ち、あらゆるモノづくりを進化させるための「切る」価値を創造しています。

カネフサの刃物 ~活躍の舞台~

刃物と言うと、みなさんは何を思い浮かべますか?
私たちの周りには、はさみ、カッターナイフ、料理用包丁など、様々な刃物があります。
しかしカネフサでは、そのような刃物は取り扱っていません。
私たちが取り扱っているのは、機械に取り付けて使う「工業用機械刃物」です。
どんなところで活躍しているか、住宅を例に見てみましょう。

こんな身近な場面で、みなさんの生活を支えています。[住宅編]

日常生活の中で、カネフサの製品に直接触れることは少ないかもしれませんが、例えば住まいの柱や家具などの生産にカネフサの技術が活かされています。カネフサの製品はさまざまなシーンでみなさんの暮らしをサポートしています。

外壁

外壁材のカットに

ダイヤサイディングチップソー


住宅の外壁材など窯業系材料の切断に使われます。独自の刃型により高い加工品質を実現しています。

アルミサッシ

アルミサッシのカットに

サッシプロチップソー


アルミサッシ(窓枠)の切断に使われ、特殊なスリットにより、切削騒音の低減を可能にしています。

家具

家具部材のつなぎ合わせに

フィンガーカッター


木材同士をつなぎ合わせる加工(フィンガー・ジョイント加工)に使われます。刃先に特殊なコーティングを施すことにより、樹脂(ヤニ)の付着を防止します。

柱

柱のつなぎ目加工に

エース仕口カッター


柱や梁(はり)を接合する加工(カマ継ぎやアリ掛け加工)に使われ、抜群の切れ味により、精巧な仕上がりが可能になります。

システムキッチン

化粧板の面削り加工に

ミーリングカッター


化粧板の面削り加工に使われ、鋭利な切れ味により、むしれの発生を防止します。

フローリング

フローリング材のつなぎ合わせに

フローリングカッター(ピーリングカッター)


床板・壁板材のつなぎ合わせ加工に使われます。長時間はめ合い精度の高い加工が実現できます。


この他にも、自動車、IT、航空機、鉄鋼・非鉄、樹脂、製本・印刷関連産業など、カネフサの刃物は様々な分野で

活躍しています!

カネフサの求める人材

技術職コース

~国境を越えて、多様な業界に最先端の「切る技術」を!~

ものづくりを支える技術スタッフ

モノづくりに欠かせない技術って何だと思いますか?
科学技術が進歩すると新素材が生まれます。
その時必要になるのはそれを「切る技術」です。
カネフサは「切る技術」でモノづくりを進化させる会社。

技術職コースに求める人材の要素は3つ。

世界に誇れる「切る技術」を私たちと一緒に開発していきましょう!


営業職コース

~世界市場を一緒に開拓しませんか?~

リグナ(ドイツ)展示会場

「お客様に自信をもって提案できる製品を提供したい」
もし、みなさんも営業ならそう思うのではないでしょうか?
カネフサは「切ることにかけて日本一」という総合刃物メーカーとして、誇れる製品と切削ノウハウを世界中のお客様に提供しています。また、ハードウェア(刃物)だけでなく、ソフトウェア(使い方等)と一体となったコンサルティングをするのが、カネフサの営業スタイルです。

営業職コースに求める人材の要素は3つ。

画期的な製品を開発するだけで勝てるほど、世界は甘くありません。
「KANEFUSA」ブランドを世界に広められたのも、営業社員の奮闘があったからこそ。
ぜひ、私たちと一緒に「切ることにかけて世界一」を 目指して世界市場を開拓しましょう!