Productsフィルム・シート・箔

EV電池部材用切断刃

当社独自の接着技術を採用することで切断に必要な範囲にのみレアメタルを接着することができ、イニシャルコストを最小限に抑えた形での刃物提案が可能となります。また、レアメタルの使用量を削減できるため環境に配慮した製品となります。

お問い合わせ カタログ・資料
用途 EV電池部材(正極・負極・セパレータ)のシート切断
適応材料 アルミニウム箔・銅箔・樹脂フィルム・不織布
材質 超硬

特長

  • 当社独自の接着技術を採用
    当社独自の接着技術を採用することで切断に必要な範囲にのみレアメタルを接着することができ、イニシャルコストを最小限に抑えた形での刃物提案が可能となります。また、レアメタルの使用量を削減できるため環境に配慮した製品となります。
    057_2_02.jpg
  • 超硬合金による長寿命化の実現
    接着技術の採用により、耐摩耗性に優れた超硬合金を使用することが可能になったことで、良好な切断面を長く維持できるため、ダウンタイム削減による生産性向上に繋がります。
  • 各種材質に対する加工品質の向上
    不織布や複合材料といった難削材においても、他分野への刃物供給や研究にて培った実績と経験を基に、各部材に適した当社独自の刃物設計(形状設計・材質選定・熱処理及び加工技術)にて、お客様の課題解決(バリや切れ残り等)に貢献させて頂きます。
一覧に戻る

お問い合わせ